shop-design/BRAND/MARKETING

商品の見方を変えるだけで市場は激変する

商品を売ろうとする時、どうしてもバイアス(先入観、思い込み)がかかり頭がカチカチになる。

ユーザーがその商品を手にとって、何をしたいんだろうか?

その商品を一つの売り方にこだわっているのは、もしかすると自分たちだけなのかもしれない。

この売り方が正解なんだ。と、考える方が実際問題、楽なんだ。

でも、このコンフォートゾーンから抜け出さないとなにも始まらない。そのためにまず、仮説を立ててみる。本当にユーザーはこれが欲しいのだろうか?これが欲しいんじゃなくて、もしかすると…。

一から十まで疑ってかかる。そうするとおのずと何か不自然なことが見えてくる。奥の方に眠っている何かが見えてくる。

あれ?もっとこうしたらあれ?

ってな具合に運がよければパッと開ける。運が悪くても考えた分だけ思考の幅が広がり、違った視点で物事が見えてくる。

こうなると楽しくなる。どんどん湧いてくる。ブレインストーミングなんて格好いいことはしなくてもいい。ワイワイガヤガヤと意見を出し合う。

ここで楽しんで終わるんじゃない。もっと深掘りする。可能性を引っ張り出す。一つだけなんて決めてかからないこと。可能性がある限り出し切る。ここが重要なポイント。

そうしてまとめる。簡単にまとめる。市場がどうとかは後。とりあえず可能性をまとめる。

まとめ始めるとまた違った展開が見えてくる。甘かった部分。テンションが上がっていた部分。その辺りを冷静にまとめる。

簡単に書いてますが、ここまでくるのに1ヶ月かかる場合もあるはず。もちろん1日でパッと出ることもある。大変な作業。

でも、自分たちのやっていることが、どこかの真似だとしたらそこには勝てる市場は無いんです。プライシング(価格)勝負の泥沼試合。

自分のやっていることを信じることも大切。でもまずは疑う。葛藤の狭間で戦い仮説を立てて可能性を探る。この単純で精神的に疲れる作業をするから、ユーザーの購買心理にわずかでも触れることができる。

だから、物は売れるんだと僕は考えます。

FIVE DESIGNSはコンセプト立案、企画から、イメージの統一化、スペースデザイン、ブランドエクイティ(価値)認知の増加を含めて強みがあります。ぜひご相談ください。

FIVE DESIGNS

SPACE DESIGN BRANDING GRAPHIC DESIGN WOOD DESIGN PRODUCT DESIGN

AUTHOR

青川 剛気

株式会社 FIVE DESIGNS 代表取締役

「人はカッコいい人からモノを買う」と持論を展開する青川です。「カッコ良く生きる」を実践するためにや趣味や仕事に忙しい毎日を、あれやこれやと模索しながらすごしてます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

TEL. 075-950-9827

営業時間 | 9:00〜18:00(土日祝休)

お問い合わせ