ずっと繋がっていくライフプラン

Financial planning

住宅ファイナンシャル・
プランニング(FP)とは?

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、
経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

KEYTERASの住宅ファイナンシャル・プランニング(以降は、住宅FP)では、
住宅を購入するための住宅ローン、金融、税制、不動産、教育資金など幅広い相談をしていただき、
夢のマイホーム購入がかなうように一緒に考え、サポートします。

知るだけで数百万円得をして、
知らないと数百万円の損をすることも!!

住宅購入は、戦略を持つか否かで人生キャッシュフローにおける影響は、数百万単位で変わってきます。「何となく住宅ローンを組んだ人」と「事前に十分な検討を行って住宅ローンを組んだ人」では、人生キャッシュフローにおける“支出”は、数百万単位で変わります。

人生キャッシュフローにおける可処分所得を最大化するために!

※キャッシュフロー:進学や退職など、家族全体のライフイベントに基づいた、毎年の支出・収入 および資産(お金)の推移のこと。
※可処分所得とは、給与やボーナスなどの所得から、税金や社会保険料などを差し引いた残りの手取り収入(自分で使える金額)です。

買い時と不安感

買うべきか、買わざるべきか…
それが問題だ。

「買い時と思わない」と回答した方の理由

  • 1位 『十分な自己資金がまだ貯まっていない』
  • 2位 『不況のため、今後の生活に不安がある』
  • 3位 『物件価格はまだ安くなる』
  • 4位 『住宅ローン金利はまだ下がる』
  • 5位 『不動産会社や管理会社の経営に不安がある』

マイホーム検討において、
漠然とした不安をお持ちでないですか!?

「家賃はもったいないけど、今、住宅ローンを組むのもリスクを感じる…。今買うのと、将来、頭金を増やして買うのと、どちらが有利だろうか…」

「将来、年金はどうなるんだろう… セカンドライフの生活費も考えると、どのタイミングでどんな住宅ローンを組めば安全なのだろうか…」

「買うべきか、買わざるべきか… 今が良いのか、もう少し先が良いのか…」

その疑問を住宅FPシミュレーションで
全て“見える化”できます。

住まいと人生のキャッシュフロー

家の販売だけではなく、住宅ファイナンシャル・プランニングを行い、
お客さまに最適なサポートをします。
知識が有るか無いかで支出が数百万円単位で変わります。

お客さまの「今」と「将来」を“見える化”します。住宅FPシミュレーションでは、現状を客観的に整理し、将来お客さまにとって有利な判断をしていくための情報を得ることが目的です。銀行や不動産会社等に相談すると、収入に合った住宅ローンになると思われています。しかし、収入に合っていれば、年1万件以上の住宅ローン破綻がでることはありません。住宅FP相談により、「住まいと人生のキャッシュフロー」を作成し、様々な判断基準を得て頂くことで、お客さまの「後悔のない最適な住宅購入」をお手伝いします。

  • ※キャッシュフロー:進学や退職など、家族全体のライフイベントに基づいた、毎年の支出・収入および資産の推移のこと。

KEYTERASの
住宅ファイナンシャル・
プランニング

住宅を購入するための住宅ローン、金融、税制、不動産、教育資金など
幅広い相談をしていただき、夢のマイホーム購入がかなうように
一緒に考え、サポートします

01. 毎月の返済可能額から見た、最適予算検討の説明
02. 住宅ローンの借入可能額の説明
03. 賃貸住宅の居住コストと持ち家購入コストの比較
04. 人生キャッシュフロー上の最適購入時期(可処分所得最大化)の検討
05. 賃貸住宅の居住コストと持ち家購入コストの比較
06. 賃貸vs持ち家におけるキャッシュフロー以外のメリット、デメリットの説明
07. 住宅ローン減税の控除額試算
08. 優良住宅取得支援制度を活用した住宅ローン相談
09. 返済総額圧縮のための繰上返済計画相談
10. 年金受給金額の試算
11. 各種保険(生命保険・火災保険等)の見直し相談

  • ※弊社で住宅を購入する場合は、住宅ファイナンシャル・プランニング費用が新たに発生することはありません。
  • ※住宅ファイナンシャル・プランニング終了後、家づくりを始めます。契約にいたらない場合は、住宅ファイナンシャル・プランニングの費用が発生します。

住宅FPシミュレーション例

Example 01

「賃貸」と「持ち家」、生涯の住宅コストは?

生涯ずっと賃貸住宅で生活した場合と、持ち家を購入してそのままの家で暮らした場合の「生涯の住宅に費やすコスト」を比較してみよう。賃貸住宅の場合には、物価上昇に伴う家賃水準の変動にも気を配る必要があります。また、世帯主に万が一のことがあった場合、賃貸と持ち家でどのような違いがあるかにも注目。

持ち家と賃貸。それぞれメリット、デメリットがあります。住宅ローンを組むリスクという点もありますし、一方では、家賃を支払い続けるリスクもあります。住宅FPシミュレーションで“見える化”し、何が有利で何が不利になるかを検討します。

見える化のポイント

  • ①サイフから出て行くお金の累計比較
  • ②定年後の住居費状況の比較
  • ③世帯主さまの死亡リスク(団体信用生命保険)
  • ④年金受給開始年齢など

Example 02

人生のキャッシュフロー上の
最適購入時期(可処分所得最大化)の検討

今、買うのがよいのか、それとも頭金を貯めてから買った方が得なのか。最適購入時期を検討するために、どちらがお得か住宅FPシミュレーションで“見える化”します。頭金は確かに多い方が良いのですが、むやみに増やせばよいということではありません。金利や物価の変動、また、定年時の残債状況など様々な視点に気を配りながら、何が自分にとって一番有利なのかを検討します。

持住宅購入は、今か、あるいはまだ先か…この選択でお悩みのお客さまは非常に多いのですが、2の視点で自分にとってどちらが有利なのかを検討しておけば不安は解消されます。

見える化のポイント

  • ①自分のサイフから出て行くお金の累計比較
    (頭金増加メリット、将来の金利変動、物価変動、家賃コスト等を鑑定みての客観的比較)
  • ②定年時(60歳)の残債状況
    (退職金、年金受給額の見込み検討を 合わせて)

Example 03

過去最大の減税規模、
住宅ローン減税はいくら戻ってくる?

今現在、住宅政策により住宅ローン減税や、優良住宅取得支援制度などマイホーム獲得を支援する様々な制度があります。例えば、住宅ローン減税。自分だったらいくら税金が戻ってくるかご存じですか?住宅FPシミュレーションでは、数分間程度で確認することができます。

住宅FP相談結果を
冊子にしてプレゼント

keyterasで新築または、24H Kitchen(リフォーム・リノベーション)のお客さまには『住宅FP相談結果』を冊子にし、プレゼントします!

  • ※住宅ファイナンシャル・プランニング終了後、家づくりを始めます。契約にいたらない場合は、住宅ファイナンシャル・プランニングの費用が発生します。
  • ※住宅ファイナンシャル・プランニングのみの対応も可能です。お問い合わせください。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

EVENT INFO