LIFES & STYLES Aokawa Style

久しぶりに吉野の丸太市場へ。

スギ丸太 

2019/9/18

久しぶりに吉野にある丸太市場へ。

買い付けはスタッフに任せきりだったので、息抜きなのか社会見学なのかは定かではないが、付いていくことに成功。

その中で何か気になる・・・。そう、何か気持ちがたかぶるような丸太を発見。

まるの中に六の刻印。どうも和歌山竜神村近辺の山から出てきた丸太らしい。

目の詰まり。色。カタチ。どれをとっても最高。

ぼくはすかさずスタッフに「この丸太買おうよ」と打診してみた。するとスタッフは「見た目最高でしょ」と言い、にやけ面でぼくをみる。

何だろう。この馬鹿にされた気分は・・・。

俺が丸太のこと知らないとでも思ってるの?プロだよ?

まあ、完璧な人間なんているわけがないから・・・。

どうやら、このまる六刻印丸太は、自然木(種が落ち勝手に木が生えてでかくなった木。人工林は人間が植えまくった山の木)らしい。

 

だから神秘的な目をしているのですね。

 

ただ、自然木は厄介なことに、見た目が綺麗なのに製材をしたらあらビックリ・・・。

が、非常に多い。

なので買わないらしい。赤字覚悟のギャンブラーなら行くしかないが、ぼくは超が付く堅実派。

ちなみにファンが多いらしい。競りでも結構金額が上がってた。

今回はスギを中心に見て回ったけど、次回からはヒノキの買い付けが本格的に始まる。さあ、時期到来だ。

※丸太は夏場は水を吸い上げるため伐採時期ではない。伐採しても虫がついたりとよろしくないことが多々ある。

なんと言っても、冬場の旬な丸太を見たら、みんなしびれちゃうよ。

 

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

EVENT INFO