LIFES & STYLES Aokawa Style

工務店社長 青川 剛気です。プロフィール1

きーてらす代表青川剛氣です。

ファンキーです。

 

本物の木の家をつくっています。

京都市生まれ
1980年9月19日生まれ 乙女座
家族構成 妻一人 息子二人 犬一匹(マックス)

趣味:サーフィン(始めたばかり)料理 トレーニング 読書(幅は広い)

高校を卒業後に親の設備会社で工事部として働き始める。
公共工事での工事現場責任者として経験を積む。

結婚と同時に家を建築したが大失敗に。その理由はブログで公開

30歳の時に住宅リフォーム会社あおかわ建築設計として独立
34歳、株式会社きーてらすを設立

同年、本物の木の家をつくるために奈良県高取町にある製材工場を買い取る。
35歳の時に関西テレビ「ニュースワンダー」にて林業再生に挑む建築士として特集される。

現在に至る

青川です。格言を一つ。

家づくりは工務店だけに関わらず、造りてと依頼者とがコミュニケーションを、いかに円滑にかわせるかに成否がかかっている。

というわけで、皆さんには、ぼくのことを強制的に知っていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

カッコいいだけの家はつくらない

ぼくには、家づくりで大切にしていることが一つあります。

「カッコイイだけの家や空間はつくらない」

誰だってカッコイイ家に住みたい憧れはあります。
ですが、ただカッコイイだけの家に価値はありません。

大切なのは、この家で過ごす「家族にとって価値のある空間」であることです。

 

家づくりで大切にたいこと

家づくりで建築士、デザイナーに求められるのは、ただカッコイイ家をデザインし創り出すことではありません。

その家に住む家族がどのように暮らしていくのかも含め、デザインしていくことが大切だと考えています。

以下はぼくたちが住宅、住空間をデザインするときに必ず考えることです。

 

資金計画:資金計画はその後のライフスタイルに大きな影響を及ぼす。
資金計画(ファイナンシャルプランニング)はライフスタイルを形成する地図。
無理のないライフスタイルをデザインすることもきーてらすの大切な役割だ。

信頼関係の構築:建築士、デザイナーが大切にしなければいけないことは、お客さまとの間に信頼関係を形成すること。家づくりは一生に一度の大きな夢。その夢をたくしてもいい。そう思っていただくことから家づくりはスタートする。

実用的でシンプルなデザイン:複雑なデザインは日々の暮らしには必要ない。シンプルに家族にフィットするデザインだけを考える。この家に住む家族が、自分たちらしいをかなえられることに全力を注ぐ。

経年変化を愛せる家:家は建てたら終わりじゃない。建ててからが本当の意味で家づくりが始まる。10年後20年後、この家はどんな表情になるのかを考える。メンテナンスのしやすさも重要。手を入れないと家はダメになる。どうせ手を入れるならメンテナンスのしやすい形状、素材を選択するようにする。

プロセスを大切にする:家族の想いをくみ取りカタチに落とし込んでいく過程がとても大切だ。一つひとつのプロセスを大切にする。

以上のようなことを念頭に置いて私たちはデザイン、建築業務にあたっています。

職人気質(妥協しない):家をつくるうえで大切なのは職人気質であること。大工、板金、左官・・・。多くの職人同じように、設計、デザイン、工務管理、アフターサービス、すべてにおいて職人気質(やり通す力、技術に怠慢にならない、妥協しない)である。

最後に

家づくりに限らずマンションリノベーション、中古物件のリフォームなど設計デザイン施工を通してぼくたちが協力できることはたくさんあります。

このブログがあなたの家づくりのお役にたてれば幸いです。

ぼくたちは木をデザインするプロとして、木造住宅、様々な空間に今までにない光をあてていきたいと願っています。

株式会社きーてらす

代表取締役 青川 剛気(ヒノキオタク)

 

KEYTERASBrand【WOOD&DESIGN】

Brand vision

「木を愛するパワー」 価値のある提案」「ユーザーとのコミュニケーション創造的」「主体的に」                                 

Core concept 

「コミュニケーションを通じ、私たちにしかできない新しいデザイン・スタイルを生み出す」

スタッフ一人一人が木を愛し、独自性を活かし同じ目標に向かって進んでいく。

どんな変化にも恐れず行動し、私たちにしかできない創造的で新しいデザイン・スタイルを生み出す「アドヴァンスカンパニー」になろう。

私たちは、ユーザーとのコミュニケーションを通じ、一人一人に価値ある空間・プロダクト・スタイルを提案します。

私たちは私たち自身が「優しさ 「強さ」 「美しさ」 香り」「色艶」が最高だと感じる木だけをユーザーに提案します。

全ての工程において職人気質であること

company nameに込められた想い。

KEYTERASは創造的な思考のカギを開け、価値ある未来をデザインで照らし続ける会社となる」「木を照らす」

私たちは、木を使った空間。木を使ったプロダクト。木の家。それらを活かしたスタイルを提案し、実現させることを事業の主軸としています。

その中で、多くのユーザーとのコミュニケーションを通じ、日本山の現状、国産材の現状などを伝え、考えることも私たちに与えられた使命だと考えています。

また、本物の価値のあるものを提供できるように、プロジェクトに関わる職人たちの技術も磨いていきます。

きーてらすは、これからも多くのコミュニケーションを通じ、木の魅力を活かした創造的・体感的な空間、革新的なプロダクト、新しいデザイン・スタイルを提案し続けていきます。

 

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

EVENT INFO